メンテナンスの王子様【歯科に行かないと内ちゃうよ】

歯に自信を持つことで性格が明るくなる

自覚症状が無い

歯周病は自覚症状がないまま進行していく病気です

歯科を受診する患者さんは虫歯治療だけではありません。歯周病の治療を行う患者も多いのです。実は成人の約8割が歯周病にかかっているという恐ろしいデータもあるようです。 歯周病は放っておくと歯を支える土台が溶けてしまい歯がぐらぐら動くようになってしまいます。そして最終的には歯を抜かなくてはならなくなります。 ではこの歯周病で注意することは何でしょうか。歯周病は初期や中期の段階ではほとんど自覚症状がないというところにあります。痛みを感じずに症状だけがどんどん進行してしまうのであります。そして腫れや痛みなどの自覚症状が出るのは末期になってからといわれています。これがこの病気の恐ろしいところでもあります。症状がなくても定期的に歯科へ受診することが大切のようです。

歯の健康を保つためにも歯科でプロの手を借りてメンテナンスしましょう

歯周病の原因は長年の歯磨き不足が原因であると多くの歯科医師達は指摘しております。毎日歯磨きしていても摂りきれないプラークが残ってしまうと歯周病が進行するのであります。 とはいっても、プラークを残さないような歯磨きをするのも容易なことではないかと思います。そのため3か月に1回或いは半年に1回など定期的に歯科へ受診して歯科衛生士による専門的なクリーニングをうけるなどメンテナンスをした方が良いでしょう。健康を維持するためにはプロの手を借りない手はないでしょう。 また、喫煙は歯周病の進行を早めるということをご存知でしょうか。また進行を早めるだけでなく治療の妨げにもなるようです。喫煙により歯茎の血管が収縮した状態になり血液循環が悪くなるためだといわれています。健康な歯を取り戻すためにも禁煙は重要です。